「ほっ」と。キャンペーン
2016年 12月 28日

年末のご挨拶

2016年は激動の年でした。

4月16日に発生した熊本地震は、私たち九州の建築家にとって
建築に対する価値観や建築家としての姿勢が問われる出来事であったと思います。

私自身も微力ながらJIA(公益社団法人日本建築家協会)の
熊本地震災害対策本部の担当として、今日までの半年間支援して参りました。
最近はメディアで取り上げられる事も少なくなり、
終息しているかのように思われる方もいらっしゃいますが、
被災地はまだまだ復興の兆しすら見えない地区も多々あります。

JIAの多くの仲間たちが仕事も抱えながら支援を続けている姿は
同じ建築家として誇りに思いますし、作品性だけが重んじられる建築家の世界において、
こうした自らの事情を超えて、被災地の為に献身的に貢献している方々こそ、
まさに真の建築家である事を感じた一年でもありました。

私自身もその仲間たちの励ましや後押しがあったからこそ
この大役を乗り越えられたと実感しています。
これからも支援は続きますが年末の区切りとして
支援頂きました多くの建築家の皆様に、この場をかりて深く感謝申し上げます。

事務所は昨日納会を終え、2016年の業務が終わりました。

今年は、事務所を設立して20年になります。
その節目として秋に20周年パーティーを開催させて頂きました。
ひとりで始めた事務所も年々スタッフが増え、20人体制となりました。
日頃から感じている事ではありますが、20年を振り返り、
改めて多くの方々に支えられながら私たちの事務所が存在している事を強く感じております。

そんな想いをこめて「感謝」という言葉で締めくくりたいと思います。

来年もさまざまな都市でプロジェクトが始動しますが、
スタッフ一丸となって皆様のご期待に添えるよう、精進して参ります。

最後になりましたが、今年完成したプロジェクトをHPに更新しましたので、
ご覧頂けると幸いです。

皆様、良いお年をお迎え下さい。

2016.12.28 松山将勝
[PR]

by matsuyama-arc | 2016-12-28 09:00


<< 雑誌掲載のお知らせ      年末年始のお休み及びWorks... >>